塾を低予算で経営するポイント|好きなことを仕事にするには

店舗決済の新しい形

タブレット

売上分析も可能に

お店での決済に使われる機械といえば、これまではレジスターが当たり前でした。そこにITを活用して登場してきたのが、タブレットを使ったレジです。大きな画面と優れた操作性のおかげで、従来のものよりもさらに便利な特徴を備えています。このシステムでは、売上データなどを入力するのにタブレットを用います。そしてそのデータを処理するために専門のシステムを導入し、両者を組み合わせることで優れたレジとしての機能を実現しています。タブレット本体だけではレジとしての機能を持たせることはできないため、いかに使い勝手の良いシステムを選ぶかが鍵となります。従来にない特徴としては、売上の分析を素早く行える点などがあげられます。これまで売上分析を行うには、帳簿などから数字を抜き出して別の表に入力し計算するといった面倒な過程が必要でした。しかしタブレットを使ったレジでは、お客様が代金を支払った時点でそのデータがシステムによって処理されます。後は分析用のツールにアクセスするだけで、商品の売上から顧客の消費動向など、複雑な作業が求められる分析結果を手軽に閲覧できます。他にも在庫管理や多様な決済システムの提供など、経営者だけでなくお客様の満足度向上にもつながるのが特徴です。導入することによって、店舗側には多くのメリットが考えられます。特にこれまで個人ではなかなか難しかった顧客動向の把握は魅力的と言えます。分析によって季節や気温、天候による売上の波を知ることができれば、無駄な在庫や機会損失を減らすことも可能です。