塾を低予算で経営するポイント|好きなことを仕事にするには

新たな地で経営するには

相談

サービス提供までの流れ

インドネシアは近年ビジネスの場として注目を集めている国です。一昔前までは、物価と人件費の安さが大きな魅力であり、工場などの建設地として特に注目を集めてきました。近年は、インドネシアという国自体が新たなビジネスの場として注目され始めています。まだまだ成長の余地がある土地であることから、今後も進出しようとする企業は増加すると予想されています。ただ、インドネシアがいくらビジネスにとって魅力的といっても、現地で成功をおさめるのは簡単なことではありません。インドネシア特有の商慣習や人間性、刻一刻と変化するビジネスの流れなどを把握した上で経営を軌道に乗せるのは容易なことではありません。そのため、コンサルティングを受けながら進出しようとする企業も多くいます。コンサルティングを受けるまでには、以下のような流れがあります。まずはコンサルティング会社の選定です。過去の実績や専門分野、予算、問い合わせのときの雰囲気などを総合して選びます。この時点ではまだ絞り込む必要はなく、いくつかピックアップしておけば問題ありません。いくつかピックアップできたら、どのようなコンサルティングが受けられるのか打ち合わせに入ります。数回打ち合わせを行えば、たたき台としてのコンサルティングプランは出してくれることがほとんどです。プレゼンテーションをしてもらうのもよいでしょう。出してもらったプランをもとに、契約するか社内で審議を行います。審議の後、決定したら契約となり、コンサルティングが始まります。大手の企業か小さな企業かで進め方が変わることはありますが、おおまかにはこのような流れとなります。