塾を低予算で経営するポイント|好きなことを仕事にするには

レジ

経営に便利な機能

posシステムは販売時点情報管理というもので、商品の情報管理を楽にし、データ入力の手間を省き、レジ作業を楽にするという利点を持っていて、企業の経営を楽にすることができます。現在ではスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで用いられています。

タブレット

店舗決済の新しい形

お店での決済に使われているレジに、タブレットを活用するところが増えています。タブレットを使ったレジシステムでは、支払い時の入力を分析用のデータとして処理することで、売上の分析や顧客管理など多様な機能を提供しているのが特徴です。

理想の職場を設置できる

勉強

ひとりで運営するコツ

塾を経営したい方はそのコツを押えておきましょう。塾で働くことは、やりがいのあることです。教え子が受験を無事終えたとき、点数が上がったときの喜びはひとしおです。塾での働き方は様々なものがあります。アルバイトとして、時給1000〜3000円ほどで雇われるタイプ、塾の事務のほうの手伝いをそれよりも格安の時給で請け負うタイプ、難関校の受験指導をする、大学卒業以上の人対象のプロ講師としての仕事などがあります。しかし、これらの雇われて教える、働くといったタイプのやり方では、もっと自由に働きたいと感じることがあります。テキストが塾の系列の中で指定されているために、自分がこうしたいという教え方よりも、テキストを進めることに気を回す必要が出てきます。そのためテキスト通りの教え方を優先せざるを得なくなるからです。そうした現実に直面したときに、人によっては自分で経営をして自分のやり方で教えたいと思うでしょう。塾経営は、次のような手順に沿って準備を行いましょう。まず、塾業界の現状について情報を集めます。開業についてのセミナーがあればそういったものにも参加します。次に、経営する場所と開塾の時期を決定します。そして、物件を具体的に探す中で、必要な資金、調達できる資金をすり合わせていきます。物件の契約ができたら、塾の内装に着工します。生徒がいなくては塾が成り立ちませんから、広報にも着手します。こうして開校したら、保護者面談や受験相談などのサービスも含め、細かく業績をチェックしながらかじ取りをして経営を行っていきましょう。

相談

新たな地で経営するには

ビジネスの地として魅力があるインドネシアは、現在多くの人から注目されています。ただ特有の難しさもあるため、コンサルティングの指導のもと海外への進出を考える企業も沢山います。サービスを受けるまでの流れとしては、選定、打ち合わせによる絞り込み、審議による決定という流れで進みます。